icura(イクラ)は木のお皿、カッティングボード、カトラリーをはじめとした食卓まわりのものを中心に
小さな切れ端も使ってくりやくじらを作っています。
また木にかかわらず若手の作家さんと共に新しい提案のできる作品を作り、生活の提案ができればと思っております。
<工房の名前>
「icura」となったのは icuralight イクラライト というLED照明を作ったのがはじまり。
LEDは一つ一つ明るさが異なります。小さく粒々のLED、そこには生命のようななにかが宿っているようにも思えます。
まだ商品化にはなっていないのですが開発をすすめていきます。
エコデザインアワード2007 インテリア・キッチン部門 入選
noriyuki tsutsui icura工房 代表
筒井 則行 Noriyuki Tsutsui
1981年07月17日愛知県生まれ
大学 土木専攻

小さな木の切れ端,家具用の大きな板どちらもきれいな表情の木。
小さくなった木はもとのように大きくはならないが他の形や
他の用途のものへ作ることはできる。
丸太1本ひいて大きな木はお皿やカッティングボードに、
次にスプーンなどのカトラリー。さらに小さい木は動物たちやはしおきに。

家具は作らない小物だけの工房 icura(イクラ)


Top